コーヒーフレッシュは体に悪い?その危険な理由を解説!代用品も紹介!

ダイエット

あなたは普段コーヒーを飲みますか?

その時、小さい容器に入ったコーヒーフレッシュを目にすると思います。

カップ販売しているコーヒーや、喫茶店でよく見かけますが、ブラックだと飲みにくいからと、ガムシロップと一緒に混ぜてはいませんか?

実はそれ、体に悪いのです。

そのコーヒーフレッシュは、ミルクに見えてミルクではない「何か」なんです。

私も正直、ブラックコーヒが苦手で、ガムシロップやコーヒーフレッシュで飲みやすくアレンジしていましたが、この事実を知ってからはパッタリと入れるのをやめました。

え、ミルクじゃなかったら一体何なの?

その「何か」はどうして体に悪いの?

そんなコーヒーフレッシュの「体に悪い」疑問を解説していきます!

この記事を読み終える頃には、あなたも入れるのをやめているかもしれません。

 

 

コーヒーフレッシュが体に悪い理由は実はアレだった

コーヒーミルクとも呼ばれるコーヒーフレッシュ。

その見た目からいかにも牛乳っぽいですが、その正体は「油」なんです

植物性油脂と水を混ぜたものを乳化剤で白く濁らせ、増粘多糖類でとろみをつけて牛乳っぽく。香りや色付けの香料やカラメル色素、最後に酸化防止剤で加工すれば完成です。

いかにも体に悪そうな難しい言葉ばかりで、乳成分なんて一切入っていなかったのです!

ざっくり言うと、「サラダ油に添加物をたっぷり使って牛乳に似せたもの」と表せばイメージがつくでしょうか?

私はここまで聞くともう吐き気がしてしまうのですが、体に悪い理由についてもう少し細かく解説していきましょう。

 

コーヒーフレッシュが体に悪い理由その①植物性油脂

コーヒーフレッシュの製造過程で原料となるのが、植物性油脂。

この植物性油脂の中には「トランス脂肪酸」と言うものが含まれています。

実はこのトランス脂肪酸、日本ではお馴染みのマーガリンなどにも含まれているのですが、海外では体に悪いからマーガリンはありえない!と言われているって知っていましたか?

お世辞にも、トランス脂肪酸は健康にいいとは言えません。

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 悪玉コレステロールの上昇
  • アトピーや喘息といったアレルギーの悪化

上記のような健康被害を招く恐れがあるため、アメリカでは使用の制限があるほどです。

 

コーヒーフレッシュが体に悪い理由その②鮮度

コーヒーフレッシュに含まれるトランス脂肪酸が体に悪いことは分かりました。

一方で、コーヒーフレッシュ一杯約5ml。こんな少量で体に悪い影響が出るなんてにわかに信じがたい。と言う声もあります。

それもその通り。少量でしたら健康にあまり影響はないと言えるでしょう。

ただそのコーヒーフレッシュ、いつのものでしょう。

ホコリが被ってはいませんでしたか?補充する時、古いものが上に来るようになっていたでしょうか?

密閉されていたとしても、油は時間が経つと酸化していきます。

その酸化した油は、老化や肌荒れ、ガンを引き起こす危険性があると指摘されているのです。

管理体制がずさんな所だと、こうした体に悪いコーヒーフレッシュを飲んでしまう危険性も避けられません。

 

コーヒーフレッシュが体に悪い理由その③カロリー

ここまでで「トランス脂肪酸」「鮮度」の観点で、体に悪い影響を及ぼすものだと言うことが分かりました。

少量なら問題ないだろうと言う方、ちょっと待ってください。

コーヒーフレッシュ一杯約5mlのカロリーをバカにしてはいけません。

通常、牛乳約5mlで約3.5kcalに対し、コーヒーフレッシュはと言うと、

なんと、13~15kcalに相当します。

油なので無理もないですが、牛乳のおよそ5倍となります。

ましてや、ブラックコーヒー一杯と同じくらいか、それ以上のカロリーになってしまいます。

少量とはいえ、チリも積もれば‥。

ダイエット中の方は今すぐやめましょう。

 

 

そもそもコーヒーフレッシュとは?実は画期的だった

コーヒーフレッシュが体に悪いことが分かりました。

では何故ミルクではなく、わざわざ油であるコーヒーフレッシュが置いてある理由とはなんなのでしょうか?

実は、コーヒーフレッシュが出来る前はミルクやクリームが使われていたのです。

ですがコストがかかる上、腐りやすく、もっと効率的な方法はないのだろうかと試行錯誤を重ねた結果、生まれたのがコーヒーフレッシュです。

それは安価で腐りにくく、その上小分けになっているので使いやすいと話題になり、カフェや家庭を中心に全国へ広まっていきました。

私も実家にいた頃は気にもしませんでしたが、牛乳や生クリームって本当に消費期限が早いんですよね。

お洒落なカフェだと、ミルクピッチャーで出してくれる所もありますが、手間やコストを考えると…。

やはり場所によってはコーヒーフレッシュは必要不可欠なものなのかもしれません。

 

因みに、コーヒーフレッシュは地域によって呼び名が異なります。

関東では「コーヒーミルク」「コーヒークリーム」、関西や名古屋のあたりでは「コーヒーフレッシュ」と呼ばれているそうです。

ここまで読んでくださった方の中には「コーヒーフレッシュとは‥?」となっていた方もいるかもしれませんが、あなたの知っているアレで間違いありませんよ。

 

 

コーヒーフレッシュは代用できるの?オススメ3選を紹介

コーヒフレッシュには、コーヒーをまろやかにしてくれる効果があります。

普段からコーヒーを嗜む人の中には、コーヒーフレッシュが欠かせない!と言う人もいるでしょう。

ですが、これまでの内容を踏まえて、あなたの健康の為にもこれからオススメする代用品を是非検討していただきたい。

  • 代用品①豆乳

豆乳はまろやかな口当たりで、健康的でダイエットにもいいのでコーヒーフレッシュの代わりに持ってこいの一品です。

また、豆乳にはイソフラボンが豊富に含まれているので、積極的に摂取していきたいですね。

  • 代用品②クリープ

クリープとは森永乳業から発売されている乳成分から出来た粉末クリームを指します。

ミルクの美味しさをギュッと凝縮しているので、牛乳よりも濃厚な味わいに。香料・着色料を使わない製法なので安心して使えるものいいですね。

  • 代用品③マシュマロ

フワフワで可愛らしいお菓子のマシュマロ。まさかの固形も実は使い方によっては代用が出来ます。

沢山入れると甘く、生クリームをたっぷり入れたような味わいになりますが、

コーヒーフレッシュの代用であるなら1〜2個をホットコーヒーに溶かすことで、まろやかな味わいを楽しむことが出来ます。

デスクに忍ばせておけば手を汚すことなくサッと使えるので、案外ありなのでは?

 

定番の牛乳や生クリームはもちろんですが、粉状のものから固形まで色々と代用できることが分かりました。

健康に気をつけながら、コーヒーフレッシュの代用方法を是非試してみて下さい。

 

 

まとめ

  • コーヒーフレッシュの正体は植物性油脂
  • 植物性油脂に含まれるトランス脂肪酸には体に悪い影響を及ぼす危険性がある
  • コーヒーフレッシュのカロリーは牛乳のおよそ5倍に値する
  • コーヒーフレッシュは実は画期的な商品だった
  • コーヒーフレッシュは豆乳などで代用することが出来る

コーヒーフレッシュのメリット・デメリットを紹介してきました!

これは私の一意見ですが、安価で手間も掛からない反面、やはり体に悪い影響や、デメリットが大きいのが事実。

少量だから大丈夫と言う声もありますが、チリも積もれば山となる。

まずは健康第一で代用出来る所は代用して、無理せずコーヒーライフを楽しんでいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました