パンプスがストッキングで滑るあなた必見!今すぐ使える対策法を解説!

生活

おしゃれは足元からとはよく言ったものです。

女性の足元を可愛く美しく彩るのに欠かせないパンプス。

でもそんなパンプスによくある悩み、女性なら心当たりも多いはずのもの。

それは…パンプスをストッキングで履くとツルツル滑る!!

そうこれです!私も何度この問題に悩まされてきたことか、社会人になって困った人もたくさんいるはず。

あなたもパンプスをストッキングで履くと、足が滑って歩きづらい思いをした事がありませんか?

素足なら平気なのにストッキングを履いているときは特に大変ですよね、でももう大丈夫!

これからその滑る原因と対策方法を、私がしっかり解説させて頂きます。

緊急時用の応急処置も解説するので、時間が無いあなたもすぐ解決できますよ。

これでストッキングを履いても、パンプスで滑る悩みとおさらばです!

 

 

パンプスがストッキングで滑る原因と解決策

なぜパンプスをストッキングで履くと滑りやすくなるのかというと、まずストッキングが滑りやすい素材だからという事があります。

素足の時と違って、ストッキングは履くとサラサラしていますよね、それが原因で滑りやすくなってしまいます。

でも実はそれだけではありません。意外な理由があるのです。

パンプスに悩むあなたも、これらの原因が当てはまるかもしれませんね。

 

パンプスのサイズが大きすぎる

まずパンプスを買うときに一番気をつけなければならないこと、それは何だと思いますか?

見た目や値段、それとも機能美でしょうか。

いいえ、一番気をつけるべきはサイズです。

履いて窮屈なのは嫌だなぁ、そんな理由でつい大きめのパンプスを選んでいませんか?

それ、パンプス選びではNGです。

履いているときに余分なスペースがあると靴が脱げやすくなる原因になってしまいます。

靴擦れなどを引き起こす恐れも…。

パンプスの場合は、自分の足より大きめのサイズを履いてしまうことで起こりがちです。

「大は小を兼ねる」とも言いますが、これに限っては残念ながら当てはまりません。

パンプスは、大きすぎないサイズがベストです。

歩きにくいパンプスは自分の足に合っていない可能性が高いので、ぴったりサイズを探しましょう。

これを機に足のサイズを測るのはどうでしょうか。

長い目で見ればお店で正確に測ってもらえると、今後も役立ちますよ。

 

パンプスの形が合っていない

一人一人の足のかたちが違う以上、サイズがぴったりでも靴が合わない場合があるかも知れませんね。

例えば私の場合足の大きさは 22センチですが、形が幅広に甲高のせいで、22センチのパンプスはほとんど履けません。

このようにサイズがちょうど良い大きさだったとしても、自分に適さない靴を選んでしまった、そんなことはありませんか?

なぜなら靴と足の間にすき間があると、ゆとりがあるせいで足先が前に滑りやすくなってしまいます。

これは足の指を痛める原因にもなり、靴擦れを引き起こす恐れも。

まずは自分の足に合ったパンプスを探しましょう。

隙間のサイズは 0.5cm~1.5cmを目安にしておくと良いですよ。

ネットショッピングでパンプスも買えますが、毎日生活に利用するものは、慎重に吟味して選ぶことを忘れずに!

 

ヒールの傾斜が高い

ヒールがある靴は履いていると常に爪先立ちになりますね。

パンプスのヒールが高すぎるとその分足に負担がかかりやすく、重心が前に滑って靴が脱げやすくなってしまいます。

素足の時ならまだしも、ストッキングでそんな不安定な靴を履いてしまえば、つま先がパンプスの中で滑りやすくなってしまいます。

そしてヒールの傾斜が高ければより足に負荷が掛かってしまい、そうしたパンプスは捻挫になりやすい傾向も…。

ですので、つま先とかかとの高低差が抑えられたパンプスを選ぶと良いでしょう。

目安としては、ヒールが3~5cm程ある高さが安定しやすくオススメです。

また、より歩きやすいパンプスが欲しいあなたは、太めのヒールを選ぶと良いですよ!

地面との接地面が増えるので、歩く時の安定感がグッと変わります。

 

かかとの重心が合っていない

パンプスは、重心がかかとにくる物を選びましょう。

そうでないと重心が安定せず、体を支えるために足に不必要な力が入りすぐ疲れてしまいます。

そして安定しない靴はバランスが取りにくく脱げやすくなってしまいます。

そうなってはストッキングのような素材では足が滑るのも無理はありません。

ちょうどかかとの真下にヒールがくると重心が安定し、足が疲れにくくより歩きやすくなります。

つま先にも負担がかかりにくくなるので、歩くたびにパンプスの中で足が前に滑るようなこともなくなりますよ。

 

 

パンプスが滑る時はストッキングの滑り止めで応急処置

そうは言っても既に購入してしまったパンプスに関してはどうにもならないですよね。

今が出かけ先の緊急時だとしたらわざわざ新しいパンプスを買っている余裕はありません。

このまま諦めるしか無いのでしょうか…。

いいえ、まだ方法があります‼︎

靴屋やコンビニ、もしくは薬局が近くにありませんか?

そこに売っているアイテムを使えば簡単に応急処置ができますよ!

ひとまずつま先の前滑りを、応急処置で凌ぎましょう。

新しいパンプスを買うのはその後でも遅くありません。

ひとまず応急処置ということで役立つアイテムをご紹介させて頂きますが、これはあくまで緊急時用に使える方法です。

便利ではありますが、やはりその場凌ぎでしかありませんので、ご注意くださいね。

 

つま先用インソール(中敷き)

インソールにも様々な種類があります、特に私がオススメするのはシリコン製のつま先に貼るタイプです。

ヒールが高いパンプスだとつま先部分に力が入るので、そこに貼っておくだけで滑り止めになります。

実際に使用した感想としては、このタイプが一番効果があるように感じました。

インソールには消臭機能や抗菌機能がついている物もありますので、汗で蒸れやすくなる夏の時期にはピッタリです!

また通気性の良い物や、中には洗って何度も使えたりできちゃうタイプもありますので、ご自分の用途に合わせたインソールを探してみてはどうでしょうか。

 

かかとパッド

こちらのアイテムは、かかとがパカパカ脱げやすくて困っている人にオススメです。

かかとのすき間を埋めてくれるので摩擦を軽減し、靴ずれなどの防止にも役立ってくれます!

ただ注意点が一つありまして、かかとパッドは靴の滑り自体にはあまり効果がないんです。

なので個人的には上記に書いてある、つま先のインソールと組み合わせて使用することをオススメします。

かなり履き心地が改善されて、とっても良いですよ!

 

周りにお店がなかった時に使える奥の手はティッシュ!!

え、ここにきてティッシュ?本当に役に立つの?

疑問に思うかもしれませんが安心してください、これにもちゃんとした理由があるんです。

というのもパンプスが滑りやすい原因は足と靴のすき間です。

足のつま先部分にティッシュを詰めておきましょう。

パンプスが脱げやすくなるすき間を塞げれば、とりあえずは凌げます。

ただし、あくまで一時的にやり過ごすだけの簡易的な方法です。

時間が経つにつれて、ティッシュは潰れてくるので効果が薄くなってしまいます。

また新しく補充しても今度はつま先が窮屈になって、靴擦れなどの怪我を引き起こすリスクもあります。

つま先用インソールや、かかとパッドなどが売っているお店があったら、すぐに駆け込みましょう!!

 

 

パンプスはストッキングを履かずに素足で履かないで!

お仕事中にパンプスを履くときはストッキングを履く、というあなたも、休日にはストッキング履きたくないとお思いではないですか?

ストッキングはくのが面倒だし、蒸れたり締め付けが辛かったりしますよね。

私も外国人女性のように素足でかっこよくパンプスをくのに憧れます。

しかし、足や肌への影響や、パンプスの痛み、衛生面を考えるとストッキングを履いてからパンプスを履いた方がいいです。

具体的にどうしてストッキングを履いた方がいいのか、見ていきましょう。

 

靴擦れ防止

固い素材でできているパンプスは靴擦れを起こしやすいです。

肌とパンプスの間にストッキングがあれば、ストッキングがクッションのような役目になり、靴擦れを起こしにくくします。

 

蒸れなくて清潔

足は意外に汗をかきます。

汗でパンプスが蒸れると雑菌がわいて水虫や悪臭の原因になってしまいます。

ストッキングを履けば汗や湿気を吸収してくれるので蒸れ防止になり、清潔さを保てます。

足のいやなニオイも抑えられますよ。

 

パンプスが傷みにくくなる

ストッキングを履くと靴擦れから足を守ってくれると同時に、パンプスの痛みも防いでくれます。

素足で履くと足から出る汗や皮脂がパンプスにしみ込んだり、爪で内側を傷つけたりして、パンプスの寿命が短くなってしまいます。

 

それでも素足でパンプスを履きたい時は

でもやっぱり素足で履いたほうが、かっこよく見えるし、今日のファッションには素足の方が合うの!というあなたは、靴擦れ対策やニオイ対策をしてからお出かけしましょう。

パンプスのかかと部分に貼り付ける靴擦れ防止パッドは、貼り付けるだけなので簡単に使うことができます。

また、かかとに貼って使う靴擦れケアシートもおすすめですよ。

ニオイ対策は使い捨てタイプの消臭シートを中敷きとして使えば、ニオイを抑えられます。

そして、パンプスを履く前にさらさらタイプの制汗剤を足にスプレーすると、汗や蒸れを軽減してくれますよ。

パンプスから見えないフットカバーをはくのもおすすめです!

 

 

まとめ

  • パンプスのサイズが大きすぎると、ストッキングで滑る原因になる
  • ヒールの傾斜が高いとストッキングで滑るので歩きにくく、捻挫の恐れがある
  • かかとの重心があっていないとバランスが取りにくく、滑る原因になる
  • パンプスが滑る時はつま先用のインソールがおすすめ
  • 脱げやすくて困っている、靴ずれがしやすい場合はかかとパッドがおすすめ
  • 周りにお店がない場合の最終手段がティッシュをつま先に詰めてストッパー代わりにするといい
  • パンプスは素足で履くよりストッキングを履いてから履くのがおすすめ

パンプスをストッキングで履いた時に滑るのは仕方ない、と諦めていました。

パンプスのサイズや形を自分に合ったものにすれば、もっと快適に過ごせますね!

長い目で見れば、体に負荷がかかりやすいパンプスを使用し続けることは良くありません。

おしゃれも大事ですが自分の体も大切にしないといけませんね。

いざと言う時に役立つ応急処置アイテムもご紹介しましたが、その場凌ぎでしかありませんので、きちんと自分に合うパンプスを探すことをおすすめします。

今よりもっと楽にパンプスで外を歩けますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました