体重計の体脂肪率はあてにならない!?理由や正しく測るポイントを解説!!

ダイエット

健康ブームが始まって何年経つのでしょうか?

様々な健康器具が売れる中、健康管理に欠かせないのが体重計です。

中でも体脂肪率が測れる体重計がとても人気があります。

私も定期的に体脂肪率を測っているのですが、先日ある現象が起きました。

なんと体重が増えていないのに体脂肪率が増えていたのです!

体重計の体脂肪率はあてにならないんじゃないか?と疑問に思い調べてみました。

やはり、体重計の体脂肪率はあてにならないのです。

では、その理由は何なのか?また、正しく測るポイントや体脂肪を落とすための方法などをご紹介していきます。

体重計で体脂肪率を測るとあてにならないのは本当?

体重計の体脂肪ってあてにならないと思う事ってありますよね。

体重計に乗って体重と体脂肪率を測ると、「体重が減っているのに体脂肪率が増えている」とか「体重減っていないのに体脂肪率が減ってる」なんて経験はないでしょうか?

コロコロ数字が変わってしまうと、ダイエットしている人にとっては「どうすりゃいいの?」ってなりますよね。

では、どうしてコロコロ変わってしまうのでしょうか?

体重が減ったからといって体脂肪率が減っているわけではない

体脂肪率というのは体重と脂肪の割合です。

体重が減る理由としては、

  • 脂肪の減少
  • 筋肉量の減少
  • 体内の水分量の減少
  • 胃腸の内容物の減少

ですので、体重が減ったからといって体脂肪が減っているわけではありません。

体脂肪率を測る体重計は正確ではない

体重計を扱う多くのメーカーは体脂肪率の測定方法として「生体インピーダンス法」を用いています。

生体インピーダンス法とは

体内に弱い電流を流して電流の流れやすさを測定して体脂肪率を測定する方法。

筋肉や骨などは電気を通しやすく、体脂肪はほとんど電気を通しません。

この特性を生かして体脂肪率を推定します。

身長や体重・年齢から推測された数値になる

体脂肪率を測る際、体重計に身長や年齢を入力しますよね?

これには理由があって、入力することによってある程度の体型を予想して、実際に測定した数値と合わせて算出しているからです。

適当に測っていて本当にあてにならないんだね〜。

でも、それだけ正確に測るのは難しいんだろうね。

体重計で体脂肪率を測ると高く出るのはなぜ?

定期的に体重計で体脂肪率を測っていても「えっ!!」と思うくらい体脂肪率が高く出る経験をしたことはありませんか?

「体重計が壊れたんじゃ!」と、思っちゃいますよね。

安心してください、急に体脂肪率が増えることはあり得ません。

原因としては体内の水分量の変化なのです。

体内の水分量と体脂肪率

上記にあるように、体脂肪率を測る体重計には特徴があります。

電気が通りやすい人ほど体脂肪率は低くて、電気が通りやすい人ほど体脂肪率が高く出る傾向があります。

水分をとると体脂肪率は低く出る

水分をとると体重は増えますが、体脂肪率は低くなります。

また、手足が濡れていると電極も濡れるので体脂肪率が低くなる原因になります。

たくさん汗をかくと体脂肪率は高く出る

激しい運動やサウナに入った後は、たくさん汗をかいて体重は減りますが、体脂肪率は高く出る傾向にあります。

体重計で体脂肪率を正確に測るために大切なこと

体重計で体脂肪率を正確に測るにはどうすればいいのでしょうか?

定期的に測っていても、いつでもいいというわけではありません。

正確に体脂肪率を測るには、タイミングやポイントが大切です。

正確に測るタイミング

①同じ時間に測る

体重計に乗るタイミングとしては「毎日、同じ時間」が基本になります。

違う時間に体重計に乗って体脂肪率が増減していた時に、増減した原因が分からなくなるからです。

(増減が食事によるものなのか?ダイエットによるものなのか?時間的なものなのか?)

ですので、正確な体脂肪率の変化を測るためには「毎日、同じ時間」が大切なのです。

②起床後がベスト

上記にあるように、食事したことによって体内の水分量が増えてしまうので正確な体脂肪率が測れません。

また、激しい運動や入浴による体温の上昇も、うまく体脂肪率が正確に測れない原因になります。

これらの条件を考えると、起床後が正確に測れるタイミングになります。

正確に測るポイント

①同じ服装で測る

一番いいのは全裸で測ることですが、肌着でも構いません。

なるべく同じ重さの服装で毎日測るのがベストです。

②素足で測る

足が濡れていたり、靴下をはいていると足裏からの電気が通りにくくなります。

ですので、素足で乗ると正確に測れます。

③平らな場所で測る

マットや絨毯の上などフワフワしている所で測ると誤差が生じて正確に測れません。

フローリングなどある程度硬さのある場所で測りましょう。

以上のことに気を付けると正確に測ることが出来ます。

体脂肪率は体内の水分量で変動するので「毎日、同じ時間・同じコンディション」がどうしても重要なのです

体重計で体脂肪率を測っても減らないあなたは必見!!

体脂肪を減らそうと努力をしていても体重計に乗ったら「体重は減るのに体脂肪率が減らない」という声を聞くことがあります。

確かに体脂肪は頑固でなかなか落ちてくれません。

体重計に乗るたびにため息をつくことも・・。

しかし間違った努力をしている方も多いはず。

今一度、体脂肪率が減らない原因を見直してみませんか?

体脂肪率が減らない原因

体脂肪率が減らないありがちな原因を紹介していきます。

①過度な食事制限

ダイエットのために偏食したり食事を抜いたりと、過度な食事制限をしている方も多いと思います。

そうすると筋肉が減ってしまい、筋肉が減った分、体脂肪率の割合が増えてしまうので逆効果です。

筋肉が減ると痩せにくい体になってリバウンドしてしまいます。

また、栄養不足で体に様々な悪影響を与えます。

過度な食事制限をしている方はすぐにやめましょう。

②生活習慣の乱れ

睡眠時間が少なかったり食事の時間がバラバラだと体脂肪は減りません。

睡眠不足は食欲を増進してしまい、過度に食べてしまう傾向にあります。

体脂肪率を減らしたいなら規則正しい生活を心がけましょう。

③全く運動をしない

食事を意識していると新たに付く脂肪を抑えることは可能ですが、すでに付いている脂肪はなかなか落ちません。

筋トレや有酸素運動を行って消費カロリーを増やしていく事が大切です。

④体脂肪率が適正

体脂肪率が適正ならば落ちにくい傾向にあります。

なぜなら体脂肪は体に必要なものだからです。

体脂肪が少なすぎると体にあまりいい事はないので、必要以上に減らすことはおすすめしません。

なるほど、だから体重計で体脂肪率を測っても減らなかったんだ!!

体脂肪率が落ちる方法

割と実践しやすい方法をまとめてみました。

全て実践しようとせずに、できるものだけ取り入れてくださいね。

①食事の時間を意識する

夜10時から午前2時まで脂肪をため込む働きがあり、朝や昼は働きが落ち着く性質があります。

ですので、夜10時までに夕食を食べる事が重要です。

仕事などでどうしても夕食が遅くなってしまう場合は、夕方に間食を取りましょう。

帰宅後はハイカロリーな物は控えてあっさりしたものを食べるとよいでしょう。

②野菜から食べる

野菜から食べることで体脂肪を減少させたり、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

血糖値が急上昇すると脂肪をため込むホルモンが分泌されます。

そのために、血糖値の上昇が緩やかになるように心がけることが大切です。

野菜→肉や魚などの主菜→ごはんやパンなどの主食の順で食べることをおすすめします。

③朝食にタンパク質を摂る

朝食にたんぱく質を摂ると、食欲を抑えやすくなったり筋肉の分解を防いだりとメリットがあります。

時間がない時はプロテインでも代用できます。

④定期的に筋トレをする

食事を意識しているだけでは限度がありますので、定期的に筋トレをしましょう。

筋肉を増やすことで体脂肪を減らすことができます。

ですので筋トレはとても重要なのです。

筋トレといっても、キツい筋トレをしなくても問題ありません。

筋トレを継続するためのポイント

  • 無理な筋トレはせずに、徐々に回数を増やしていく(腹筋1日10回からでもOK)
  • 週1回、2回、3回と無理しない範囲で回数を増やしていく
  • しんどい時は筋トレをしない

回数をこなす事よりも、いかに継続して筋トレをするかが大事なのです。

無理をしないで出来る範囲を習慣づけるとよいでしょう。

⑤十分な睡眠をとる

睡眠時間を十分に取るのがとても重要です。

睡眠時間を十分に取ることで代謝を良くしたり、食欲を抑えるホルモンが分泌されます。

できれば7〜8時間の睡眠を取ることを心がけましょう。

こんなにたくさんできないよ~

大切なことは「無理をしないこと」です。

無理をして体調を崩してしまっては元も子もありません。

できる事だけを継続するようにしましょう。

まとめ

以上、体重計の体脂肪率があてにならない理由や正しく測るポイントをご紹介しました。

  • 体脂肪率は体内に弱い電流を流して電流の流れやすさを測定する
  • 「生体インピーダンス法」は体脂肪率を推定しているので、あてにならない
  • 水分をとると体脂肪率は低く出てたくさん汗をかくと体脂肪率は高く出る
  • 正確に体脂肪率を測るには、タイミングやポイントが大切
  • 「毎日、同じ時間・同じコンディション」が重要
  • 体脂肪を減らすには無理しない範囲で継続することが大切

体重とは違って、体脂肪率を正確に測るには少しややこしいですね。

体重計で測るたびに増えたり減ったりするので「あまりあてにならないな」とは思っていましたが、本当にあてにならなかったんですね。

最も体脂肪を正確に測る方法は病院のCTスキャンですが、それでも多少の誤差があるようです。

ですので、市販の体重計だとなおのこと正確に測ることは無理でしょう。

しかし「毎日、同じ時間・同じコンディション」で測るとある程度、正確な体脂肪率を知ることが出来ます。

体脂肪率の測定を、毎朝のルーティーンに加えてみてはどうでしょうか?

正しい習慣を身につけて、正確な体脂肪を測って健康な生活を送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました