換気扇のつけっぱなしで火事になることはない⁉電気代や虫侵入の心配は?

生活

多くの家が換気扇は基本的につけっぱなしということが多いのではないでしょうか?

あなたの家もつけっぱなしにしていませんか?

ところが実は、換気扇をずっとつけっぱなしにしていると火災の元になるという噂を耳にしました。

基本的にいつもつけっぱなしにしているのに、その換気扇がある日突然火災を引き起こすとなると心配ですよね…

この噂は本当のところ真実なのでしょうか?

結論、基本的に適切に使用している分には火災の心配は高くないです!

しかし事実として換気扇が原因となる火事は発生しています。

では一体どんな条件で火事が起きてしまうでしょうか?

その原因を知っていれば適切に換気扇を使用して火事の心配からは無縁な生活を送れます!

換気扇のつけっぱなしが原因で火事が起こる!?

換気扇をつけっぱなしにしていたことが原因で火事に発展したケースは事実としてあります。

しかし、基本的には多く場合火災が起きる可能性は低いです。

ではどんな条件の時、火事の心配が高まるのでしょうか?

原因:①グロー現象

この現象は換気扇だけではなく多くの電化製品でも起きる可能性のある現象です。

コンセント接続部分に緩みがあることで、電流が流れたり切れたりということを繰り返し起こります。

これにより熱が発生してしまい、やがて少量の電流が流れただけで高温の熱を発生させる化学物質が生まれます。

結果、周囲のものを介して発火してしまうケースが多いです。

換気扇に限らず多くの電化製品で起こる可能性があるというのが恐ろしいですよね…

普段あまりコンセントの接続部分に着目することはこれまでありませんでしたが、今後は注意して危険な状態ではないか確認しておきたいですね!

原因:②トラッキング現象

この現象もグロー現象と同様換気扇に限らず様々な電化製品で起こる可能性のある現象です。

きっかけは埃です。

あなたもよくコンセント付近に埃が溜まっていたことが原因で、火災が起きたという話はよく耳にするのではないでしょうか?

実はその現象がこのトラッキング現象というものなのです。

コンセントの付近に溜まった埃に湿気が加わると電流が流れやすい状態となります。

これによりプラグがショートしてしまい発火に繋がるという仕組みです。

埃そのものが原因というより埃に湿気が重なってしまうことが最も危険な状態ということなのですね!

コンセントの接続部分が緩んでいないか確認するのと同時に、埃が溜まっていないかというのも念入りに確認しておくことで、火事の危険から身を守ることが出来そうですね。

一般的には正常な換気扇を使用していて、適切に使用していればつけっぱなしでも火事が起きる危険が少ない事が分かりましたね。

換気扇をつけっぱなしにしておくことで、お風呂場であればカビの予防になったり、トイレや室内であれば空気を新鮮な状態に保てるなどメリットが数多くあります。

ただ中には危険な状態の換気扇もあります。

次の状態の換気扇は注意をしましょう。

●いつもと違う時

普段耳にしているのとは違い、変にガタガタと異音がする場合や振動が大きい場合には注意が必要です。

明らかにどこか状態がおかしい時なので、修理の依頼をするなどして、一度プロに見てもらいましょう。

●久しぶりに使用するとき

しばらく使っていなかったけれども久しぶりに使ってみよう!というタイミングは実は危険な事があります。

長く使っておらず久しぶりに使用しようとすると故障するというのは比較的よく耳にする話です。

これは換気扇に限ったことではなくその他の電化製品でも同様の現象です。

久しぶりに電化製品を動かす時には普段よりも注意して動かすのを忘れないようにしましょう!

換気扇をつけっぱなしにすると電気代がかなりかかる⁉

基本的に適切な使い方をしていれば、換気扇のつけっぱなしが原因で火災が起きる可能性は低い事が分かりました!

ただ火災は起こらない事が分かりましたが、もう1つ、つけっぱなしで気になることがあります。

それは換気扇をずっとつけっぱなしにしていた場合どのくらい電気代がかかるのか?ということではないでしょうか?

感覚的には止めることなくずっとつけていると、エアコンの様に高い電気代がかかるのではないか?と思いますよね。

しかし、結論換気扇の電気代は高くありません。

ザックリとではありますが、電気代はおおよそ下記で計算が可能です。

消費電力(W)×使用時間(h)÷1000×27円/kWh

トイレ

トイレの換気扇は特に消費電力が小さいです。

上記に記載したもので計算すると1時間あたりおおよそ0.08円です!

お風呂場

お風呂場の換気扇は1時間あたり0.54円です。

トイレの換気扇と比較すると高く感じますが、一日当たりは12.96円、月換算すると388.8円です。

24時間つけっぱなしにしてもこの金額で済みます。

安いか高いかは人によっても当然変わりますが、カビの発生を予防できてかつ空気の入れ替えを出来ます!

これで1か月400円もかからないのであればお得といえるのではないでしょうか?

キッチン

キッチンの換気扇は1時間あたり0.81円です。

換気扇の中では比較的高めですが一月で見てみるとどうでしょうか?

1日あたり19.4円、月では583円です。

流石にキッチンの換気扇は吸引力が強いものも多く、他の換気扇と比べると少々電気代がかかるなという印象ですね。

600円弱と聞くと少々割高に感じてきます…

キッチンの換気扇は不要であれば、ずっとつけっぱなしにはせずに必要な時にだけつけることで電気代を節約することが出来そうですね!

換気扇のつけっぱなしで虫が侵入する危険性がある?

換気扇は外と通じているので、つけっぱなしにしていると換気扇から虫が侵入するのではないかと不安になるかも知れません。

しかし多くの場合換気扇をつけっぱなしにしていることで虫が侵入してくる可能性は低いです!

特に最近の換気扇は、シロッコファンという吸い込んだ空気を、ダクトを経由して屋外に排出する仕組みのものが多く採用されています。

そのため直接外と繋がっていないため虫が侵入してくるリスクが低いという仕組みなのです。

ただ、昔ながらのプロペラファンというプロペラが周っているタイプの換気扇もありますよね…

実はプロペラがついているタイプの換気扇は吸い込んだ空気をそのまま屋外へ排出する仕組みです。

つまり外と直接繋がっている可能性が高く必然的に虫が侵入してくる可能性が高まります。

そのため、換気扇からどうしても虫が侵入してくるのを防ぎたい!

という方は、つけっぱなしにすることを避けたり、新しいタイプの賃貸や家を選択することも大切になってきます。

まとめ

  • コンセントの緩みが原因で起こるグロー現象による火事に注意
  • コンセント付近に埃が溜まることで起こるトラッキング現象による火事にも注意が必要!
  • 換気扇をつけっぱなしにすることでかかる電気代は場所によっても異なる
  • トイレの換気扇をつけっぱなしにするのは電気代もほとんどかからず、匂いも取れるのでおすすめ
  • 換気扇から虫が侵入する可能性は低いが、プロペラタイプの換気扇は注意が必要

換気扇のつけっぱなしによる火事が起こる可能性は低いことが分かりましたね!

ただし、特定の条件のもとでは火災が起こる危険性もあり、実際に換気扇のつけっぱなしが原因の火災も起きています。

コンセントの緩みや、埃が溜まらないように定期的にチェックをして安全に換気扇を使用していけると良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
135をフォローする
Recipe for happy days

コメント

タイトルとURLをコピーしました