ゴミ箱にビニール袋は使わない!チラシや食パンの袋を使って臭わない!

生活

家のゴミ箱に、汚れ防止用のビニール袋を付けています。

ゴミの日が来るたびに、ビニール袋を、ゴミ箱の数だけ付け替えて周る日々を送っています。

しかし、ゴミ箱にビニール袋を付けることで、実はゴミを増やしているだけなのでは?という疑問が湧いてきました。

そんな最中、買い置きしていたビニール袋が残り少なくなってきたので、ビニール袋を使わない選択をしてみようと思い立ちました。

ゴミ箱にビニール袋を使わないのは、主婦になってから初めての試みです。

調べてみると、ビニール袋を使わないでも、紙類で快適にゴミ箱と共存できることが判明!

私と同じく、ゴミ箱にビニール袋を買って付けているあなたへ、目からウロコの情報を詳しくご紹介します。

 

 

ゴミ箱にビニール袋を使わないで済む方法5選!

ゴミ箱にはビニール袋必須でしょう!という固定観念がバチバチにありました。

ビニール袋が付いていなかったら、ゴミ箱が汚れる。

自治体の大きなゴミ袋に入れる時も、ビニール袋が付いていたら、まとめて一括りにして、ポイッと捨てればおしまいの手軽さがある。

…そう思っていました。

とは言え、ビニール袋をゴミ箱のためだけに買うのは、環境問題を考えていかがなものか。

節約命の主婦としても、わざわざ買うのは抵抗があります。

そもそもゴミ箱は、そんなに必要なのでしょうか?

ゴミ箱に対する思い込みを無くすと、もっと自由にゴミと向き合えます。

ゴミ箱の先入観が変わる情報を、これからご紹介します。

 

ゴミ箱の数を減らす

我が家のリビングにはゴミ箱が2つあります。

一方、知人宅のリビングにはゴミ箱が1つもありません。ゴミが出たら、その都度キッチンまで行ってゴミを捨てていると言っていました。

知人は、ゴミの日にゴミ箱の数だけ回収するのが面倒だと言います。

リビングにゴミ箱がなくても、特に不便は感じていないとのことでした。

ゴミ箱を置かないことで、ゴミを極力出さない意識になり、必然とゴミの量が少なくなります。

また、床にゴミ箱を置かないことで、掃除も楽になるというメリットがあります。

知人宅のリビングはスッキリしていて、とても広く見えました。

ゴミ箱の数が多ければ、ゴミが散らからないと思い込んでいたので、ゴミ箱自体を無くす・減らすという逆の発想に目がテンになりました。

確かにゴミ箱の数を減らせば、ビニール袋も使わないで済みますし、ひいては環境にも優しい行動になっていますよね。

ゴミ箱があるからゴミが増える!ゴミ箱がなければ、ゴミを極力出さない意識になるのですね。

 

丸洗いできるゴミ箱にする

なぜゴミ箱にビニール袋をつけるのかというと、ゴミ箱が汚れるからです。

自治体の大きなゴミ袋に入れるとき、ビニール袋が付いていると便利だから、という理由もあります。

しかし、主な目的はゴミ箱を綺麗な状態で保持していたい、という気持ちがあるからです。

それならば、いっそのことゴミ箱を洗ってしまえばいいのです。

ビニール袋を使わないで済みますし、汚れたら洗って、常に清潔なゴミ箱をキープできます。

プラスチックで、軽いものが丸洗いしやすいですね!

100均ですと、軽量なゴミ箱が種類豊富に売っていますので、探してみてください。

 

紙袋をゴミ箱にする

家に溜め込んでいる紙袋はありませんか?

ちょっとお洒落なデザインだったり、丈夫で何かに使えそうだったり、とっておいている紙袋があると思います。

壁にフックを付けて、紙袋の取っ手部分をぶら下げれば、一見ゴミ箱には見えない、お洒落なゴミ箱に変身です。

紙袋を活用したゴミ袋は、特に子供部屋の机横がおすすめですよ。

子供部屋のゴミは、湿ったものがほとんど出ないので、紙袋でも十分対応できます。

また、紙袋の上部分を切って、下の部分をそのままゴミ箱にすることもできます。

テーブルの上にちょい置きして、パンの食べかすやティッシュを捨てるのに便利です。

我が家は子供がテーブルで宿題をするので、消しゴムのかすを捨てています。

テーブルに紙袋のちょい置きで、子供が自主的に捨ててくれるようになりましたよ!

 

箱ティッシュの空箱をゴミ箱にする

ご近所さんのアイディアです。

使い切ったティッシュの箱を、そのままゴミ箱に活用します。

紙袋と同じく、テーブルやローテーブルに置いて、テレビを見ながら食べたミカンの皮などを捨てることができて、非常に便利です(笑)

ゴミが溜まったら、箱ごと捨てておしまいのお手軽感が魅力的ですよね。

 

段ボールをリメイクしてゴミ箱にする

段ボールの周りに100均で買ったリメイクシートを貼れば、お部屋にマッチした使い捨てゴミ箱になります。

濡れているゴミには不向きですが、丈夫なので強度の心配はありません。

500mlのペットボトルが入っている段ボールは、口が広くて捨てやすく、高さがあり、リビングに丁度いい大きさですよ!

ゴミ箱として利用し、汚れたら潰して廃棄します。

もともと処分する予定の、使わない段ボールですから、捨てる前にひと活用です!

 

 

ゴミ箱に付けるビニール袋の代わりはチラシや食パン袋

ゴミ箱から漂うゴミの臭い、気になりますよね。

ビニール袋を付けないで、直接ゴミ箱にゴミを捨てるのは、臭いがうつってしまいそうで抵抗がある…

そんな心配もありますね。

実はビニール袋の代わりに、チラシをゴミ箱の下に敷くと、臭いを防ぐことができます。

また、いつもは捨ててしまう食パンや、お菓子の袋がビニール袋の代わりに使えるので、いくつかご紹介しますね。

 

チラシを折ってゴミ箱の下に敷く

ラタンやかごのゴミ箱は、底が網状になっているのでビニール袋を付けないと、細かいゴミがこぼれてしまいます。

そんなお悩みも、ビニール袋の代わりにチラシを敷くことで解決します。

新聞紙やタウン誌、チラシやカタログなど、家にある紙ならなんでもOK。

鉛筆削りの細かいゴミも、下にチラシが敷いてあれば、残すことなく綺麗に捨てることができますよ!

紙ですから、多少の水分があっても吸い取ってくれて、悪臭の原因も防いでくれます。

我が家は、かごタイプのゴミ箱を使っているので、ビニール袋は必須だと思っていました。

子供たちが出すお菓子の食べかすなども、これでこぼすことなく捨てることができて感動!

アイスの棒やカップなど、多少の水分も下に敷くチラシを厚めにすることで、問題なく捨てることができます。

 

生ゴミには食パンやお菓子の袋を使う

料理中に出る生ゴミは、食パンが入っていた袋を利用するのがおススメ!

食パンの袋は、匂いが外に漏れにくい構造になっているので、生ゴミのような悪臭を捨てるのにピッタリなのです。

同様に、お菓子や野菜が入っている袋も、匂いが漏れにくい構造になっています。

なぜ食パンの袋が臭い防止になるのでしょうか。

それは食パンの袋に使われている、ポリプロピレンという素材に秘密があります。

ポリプロピレンの特徴

  • 臭いの分子を通しにくい素材
  • 除湿力が高い

袋にPPと印刷されていたら、それはポリプロピレン製という意味です。

対して、ポリ袋やレジ袋はポリエチレンという素材で、見た目は同じように見えても、違う素材になります。

PPという文字、確かに見た記憶があると思い、早速買い置きしている食パンの袋を確認してみると、書いてありました!

臭いを通さない魔法の袋だと知ったら、もう捨てるわけにはいきません。

これからは生ゴミ用に使えるよう、丁寧に開けることにします。間違ってもビリっと乱暴に穴をあけないよう、気を付けながら。

PP袋は生ゴミ以外にも、おむつやペットのフンを捨てるにも、もってこいですね!

 

料理中に使ったポリ袋を使う

お肉を揉み込むとき、浅漬けを作るときなど、料理中には様々な場面でポリ袋が活躍します。

食材を取り出したら、お役御免となりがちですが、ちょっと待った!そのポリ袋に、もうひと頑張りしてもらいましょう。

生ごみや、フライパンの油をふき取ったキッチンペーパーを捨てるなどして、ビニール袋の代わりに活用できます。

ジッパー付きの袋であれば、ポリ袋より破れにくく、最後に空気を抜くこともできるので、

生ゴミがとてもコンパクトになる上に、ゴミの量が減るという一石二鳥の効果があります!

 

 

ゴミ箱に付けるビニール袋を固定して再利用する

ビニール袋は使い捨てにせず、ゴミ箱に固定して、何度でも使えるようにすれば、ビニール袋代を節約することができます。

いつも使っているビニール袋より、厚手のタイプを使うことで、破れにくく再利用することが可能です。

厚手タイプのゴミ袋が売っているので、ゴミ箱の大きさに合わせて固定してみましょう。

サイズは20ℓ、30ℓ、45ℓ、70ℓ、90ℓまであり、リビングのゴミ箱用には、20ℓがちょうどいい大きさになりそうです。

厚手のビニール袋をゴミ箱に固定するには、いくつかの方法があります。

 

100均の袋止めクリップで固定

ゴミ箱の袋止めクリップが100均で売っています。

ビニール袋とゴミ箱を挟みこむクリップタイプで、ゴミ箱の形が四角や丸型でも、問題なく固定できます。

ゴミ箱の淵が薄くて、クリップの幅と合わない場合があると思います。

そのような場合は、絡まないヘアゴムをクリップの足部分に巻き付けると、滑り止めになってしっかり固定できます。

絡まないヘアゴムも100均で売っていますよ。

2個で1セット、挟むだけの簡単クリップです♪

さすが100均ですよね!ゴミ箱の淵がよっぽど厚くなければ、大抵のゴミ箱に対応できる優秀アイテムです。

 

耐震マットで固定

地震による揺れから、家具が倒れるのを防ぐためのグッズです。

メーカーによっては耐震ジェル、耐震シートという名前で表記されていますが、耐震マットとほぼ同じように使えます。

耐震マットをゴミ箱の内側に数か所付けて、ビニール袋を固定します。

ポイントは、ビニール袋の下部分とゴミ袋の底が合わさるようにすること。

ビニール袋が浮いている状態だと、ゴミの重みで接着部分が破れたり、取れたりする場合があるので、底に着いている状態がベストです。

こちらの耐震マットも100均に売っています。

大きさや色も様々あるので、大きいものは切って、ゴミ箱のサイズに合わせて調整することもできますよ!

 

クリアファイルで固定

クリアファイルを使ったビニール袋の固定は、丸型のゴミ箱限定になります。

【作り方】

  • クリアファイルの接着部分を切って、1枚のシートにする
  • ぐるっと丸めるようにして、ゴミ箱よりひと回り小さいサイズにしたら、端と端をテープで留める
  • ゴミ箱に丸めたクリアファイルを入れる
  • 更にビニール袋を入れて、ゴミ箱とクリアファイルの隙間にビニール袋の端を入れ込む

この方法なら、ビニール袋がゴミ箱の外に出ないので、見た目もスッキリした印象になります。

ゴミ箱から見えるビニール袋は、生活感が出てしまう部分なので、隠せるというのはとても嬉しいですよね!

私は、ビニール袋を買うと、環境に良くないという気持ちがあったのですが、再利用することで、罪の意識が少なくなりました。

 

 

まとめ

  • ゴミ箱の数を減らして、ビニール袋を使わないようにする
  • ビニール袋を使わないで、汚れたら洗えるゴミ箱を使う
  • 紙袋やティッシュの空き箱、段ボールをゴミ箱にして、ビニール袋を使わない
  • ビニール袋の代わりに、チラシをゴミ箱に敷く
  • 生ゴミは、食パンの袋やお菓子の袋などで使われるPP袋に捨てると、臭いが漏れない
  • 料理中に使ったポリ袋も再利用して、生ゴミを捨てる
  • 厚手のビニール袋をゴミ箱に固定して、何度でも使えるようにする

ビニール袋の在庫が無くなると、わざわざ買いに行きお金を支払って…と、不便な思いをしていました。

ビニール袋を使わない方法はないものかと調べた結果、素晴らしいアイディアに出会うことができました。

おかげで、ビニール袋をゴミ箱に使っていた時よりも、今の方が快適にゴミ箱と付き合えています。

今まで捨てていた食パンの袋やチラシを有効に使うことで、思いがけず環境に優しい生活を送ることができています。

どんなことも工夫次第で、前向きな取り組みに変えることができるのですね。

これからもエコを心がけ、楽しくゴミと向き合っていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました