飲む点滴と言われる甘酒の飲むタイミングを知って美肌を目指そう!

ダイエット

皆さん甘酒はご存知ですか?

スーパーやコンビニでも売っていて、誰でも簡単に手に入れることが出来ます。

甘酒と言えば、夏祭りや初詣などの出店に出ているイメージやアルコールが入っていて苦手な方もいると思います。

あまりお酒が得意ではない私も、甘酒と書くのでお酒が入っている飲み物だと思っていました。

そんな甘酒ですが、子供やアルコールが苦手な人でも飲める甘酒とアルコールが入っている甘酒と2種類あります。

実は、「飲む点滴」と呼ばれるほどさまざまな栄養素が豊富に入っているのです。

疲労回復やくすみやアンチエイジングなどの女性の悩み、そしてダイエットや美肌にも効果がありますよ。

ただ飲むだけではなく、まずは甘酒について知り、正しい飲み方や飲むタイミングを知って、より効果的に甘酒を取っていきましょう。

 

 

甘酒を飲むタイミングや効果を知って目指せ美肌!!

そもそも甘酒ってなんでしょう?

甘酒には、「米麹で作る甘酒」と「酒粕で作る甘酒」の2種類あります。

米麹で作る甘酒

蒸したお米に麹菌を付けて米麹にし、酵素を利用して発酵させて作ります。

味付けにお砂糖を使わず、お米の甘みのみになるので、カロリーが抑えられ、飲みやすいのが特徴です。

 

酒粕で作る甘酒

名前の通り酒粕をお湯で溶き、お砂糖を加えて作ります。

そのため、未成年やアルコールが苦手な人、何よりダイエットには不向きかもしれません。

一方で、アルコールや甘いものが好きな人にはオススメです。

では「飲む点滴」と呼ばれているのはどちらの甘酒でしょう?

それは、「米麹で作る甘酒」です。

麹菌がお米に含まれるデンプンを分解するときにできるブドウ糖が豊富に含まれていて、疲労回復に効果的と言われています。

 

飲む点滴と言われる甘酒

甘酒にはたくさんの栄養素が含まれているため、身体にも良く、「飲む点滴」と言われています。

点滴と呼ばれるほど様々な場面で効果を発揮してくれます。

 

疲労回復

麹菌がお米を分解してできるブドウ糖は点滴と同じ成分です。

そのほかにもアミノ酸やミネラル、そしてビタミンB群などが豊富に含まれているため、疲労回復には最適です。

また、麹菌は善玉菌のエサにもなるので、免疫力を高める効果もあります。

 

適切な量

甘酒は好きな分だけ、たくさん飲んでいいわけではありません。

1回コップ1杯(50〜120ml)が適量と言われており、1日200ml以内が理想です。

これ以上飲んでしまうと、糖分を取りすぎてしまい、逆に太ってしまうこともあるので、注意しましょう!

 

カロリーは高いので注意!

栄養素が豊富で美容効果、そしてダイエットにも効果的と聞いてしまうと、ついついたくさん飲んでより早く効果を得たいと欲が出てしまうのはよくわかります。

しかし、甘酒の成分表を見てみると結構カロリーが高いのです!

ジュースなどよりも糖分が高く、高血糖や糖尿病の方は特に注意が必要です。

確かにダイエット効果はありますが、ご飯の置き換えと言って何杯でも飲んで良いわけではありません。

置き換えたとしても、満腹感を得るぐらいの量で抑えましょう。

欲を出さず、きちんと適量を守って飲むことが大切です。

 

飲む時の温度

市販のものは安全性の考慮により加熱処理済みのため、酵素が含まれていないそうですが、手作りの甘酒を飲む際には60℃ぐらいが適温とされています。

酵素が活発になるのが60℃のようなので、一度温めてから飲むとより効果が得られて良さそうです。

1番良いのは手作りです。

作りたての甘酒には、活発になっている酵素が含まれているので身体に良いんです。

スーパーやコンビニで売っている甘酒を買って手軽に取り入れるのもいいですが米麹はスーパーやネットでも購入可能なので、時間がある時に作ってみるのもいかがですか?

 

 

甘酒を飲むタイミングを夜にすれば美肌効果がUP!!

飲む点滴と言われている甘酒には、飲むタイミングによって効果が変わってきます。

目的によって飲むタイミングを変えて、効果的に利用してみましょう!

 

美白肌に効果的なビタミンB群やビオチンが豊富に含まれ、肌荒れやくすみ、目の下のクマなどに効果的とされています。

そのほかにも、抗酸化作用によって細胞の新陳代謝をあげ、お肌のアンチエイジングにも繋がります。

また、GABAというイライラを抑えてくれる成分も入っているので、ストレスの緩和にも繋がり、安眠効果があります。

 

美白肌

女性には嬉しいビタミンB群が豊富なので、血行が良くなり、体内の老廃物も排出して美肌へ導いてくれます。

また麹菌には、肌荒れやくすみなどに効果的なビオチンが含まれているので美白効果もあります。

そして、酵素にはアンチエイジングに効果的な抗酸化作用も含まれています。

女性にはありがたい効果がたくさんあります!

 

 

甘酒を飲むタイミングは朝にすると便秘解消に!

食物繊維のほかにオリゴ糖なども豊富に含まれ、腸内にいる悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれるので腸内環境が良くなります。

 

甘酒に含まれているブドウ糖か血糖値を上昇させ、基礎代謝をUPしてくれます。

また、甘酒に含まれている豊富な栄養素は食事量を減らしても必要な栄養分を摂取することができます。

そのため、食前や朝食に置き換えることで満腹感があり、ダイエット効果があるとも言われています。

 

 

まとめ

・甘酒には「米麹で作る甘酒」と「酒粕で作る甘酒」の2種類がある
・ダイエットに向いているのは砂糖を使わずに作る米麹の酒粕。
・甘酒にはたくさんの栄養素が含まれているため、「飲む点滴」と呼ばれている。
・疲労回復、便秘解消、美白肌に効果的と言われている。
・1回に飲む量はコップ1杯(50〜120ml)、1日200ml以内が適量。
・朝、昼、夜それぞれ飲むタイミングによって効果が少しずつ変わってくる。
・飲む時の温度は60℃ぐらいが適温とされている。

甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど、さまざまな種類の栄養が豊富に含まれているため、疲労回復や美白肌など男女問わず効果的だと思います。

ゆっくり自分の身体と向き合い、朝昼夜とそれぞれの効果に合わせて、正しい飲み方を覚えて甘酒を効果的に飲みましょう。

現代では手軽にいつでも甘酒を買うことが出来ます。

ストレス社会の中で生活していたり、リモートワークになり運動不足やマスク生活で肌が荒れてしまった人など、現代社会にピッタリな甘酒を今日から始めてみませんか。

 

***************************************

皆さん甘酒はご存知ですか?
今ではスーパーやコンビニなどでも売っていて、誰でも簡単に手に入れることが出来ますが、
甘酒と言えば、夏祭りや初詣などの出店に出ているイメージやアルコールが入っていて苦手な方もいると思います。
あまりお酒が得意な方では無い私も、甘酒と書くのでお酒が入っている飲み物だと思っていました。
そんな甘酒ですが、子供やアルコールが苦手な人でも飲める甘酒とアルコールが入っている甘酒と2種類あります。
実は、「飲む点滴」と呼ばれるほどさまざまな栄養素が豊富に入っているんです。
例えば、疲労回復やくすみやアンチエイジングなどの女性の悩み、そしてダイエットや美白肌にも効果があると言われています。
ただ飲むだけではなく、まずは甘酒について知り、正しい飲み方や飲むタイミングを知って、より効果的に甘酒を取っていきましょう。

 

1,甘酒ってなに?


そもそも甘酒ってなんでしょう?
甘酒には、「米麹で作る甘酒」と「酒粕で作る甘酒」の2種類あります。

1-2,米麹で作る甘酒

蒸したお米に麹菌を付けて米麹にし、酵素を利用して発酵させて作ります。
味付けにお砂糖を使わず、お米の甘みのみになるので、カロリーが抑えられ、飲みやすいのが特徴です。

1-3,酒粕で作る甘酒

名前の通り酒粕をお湯で溶き、お砂糖を加えて作ります。
そのため、未成年やアルコールが苦手な人、何よりダイエットには不向きかもしれません。
一方で、アルコールや甘いものが好きな人にはオススメです。

では「飲む点滴」と呼ばれているのはどちらの甘酒でしょう?
それは、「米麹で作る甘酒」です。
麹菌がお米に含まれるデンプンを分解するときにできるブドウ糖が豊富に含まれていて、疲労回復に効果的と言われています。

 

2,飲む点滴

 

甘酒にはたくさんの栄養素が含まれているため、身体にも良く、「飲む点滴」と言われています。
点滴と呼ばれるほど様々な場面で効果を発揮してくれます。

2-1,疲労回復

麹菌がお米を分解してできるブドウ糖は点滴と同じ成分です。
そのほかにもアミノ酸やミネラル、そしてビタミンB群などが豊富に含まれているため、疲労回復には最適です。
また、麹菌は善玉菌のエサにもなるので、免疫力を高める効果もあります。

2-2,便秘解消

食物繊維のほかにオリゴ糖なども豊富に含まれ、腸内にいる悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれるので腸内環境が良くなります。

2-3,美白肌

女性には嬉しいビタミンB群が豊富なので、血行が良くなり、体内の老廃物も排出して美肌へ導いてくれます。
また麹菌には、肌荒れやくすみなどに効果的なビオチンが含まれているので美白効果もあります。
そして、酵素にはアンチエイジングに効果的な抗酸化作用も含まれています。

女性にはありがたい効果がたくさんあります!

 

3,効果的な飲み方

 

飲む点滴と言われている甘酒には、飲むタイミングによって効果が変わってきます。
目的によって飲むタイミングを変えて、効果的に利用してみましょう!

3-1,適切な量

甘酒は好きな分だけ、たくさん飲んでいいわけではありません。
1回コップ1杯(50〜120ml)が適量と言われており、1日200ml以内が理想です。
これ以上飲んでしまうと、糖分を取りすぎてしまい、逆に太ってしまうこともあるので、注意しましょう!

3-2,カロリーは高いので注意!

栄養素が豊富で美容効果、そしてダイエットにも効果的と聞いてしまうと、ついついたくさん飲んでより早く効果を得たいと欲が出てしまうのはよくわかります。
ですが、甘酒の成分表を見てみると結構成分が高いんです!
ジュースなどよりも糖分が高く、高血糖や糖尿病の方は特に注意が必要です。
確かにダイエット効果はありますが、ご飯の置き換えと言って何杯でも飲んで良いわけではありません。
置き換えたとしても、満腹感を得るぐらいの量で抑えましょう。
欲を出さず、きちんと適量を守って飲むことが大切です。

 

4,飲むタイミング

 

4-1,朝

甘酒に含まれているブドウ糖か血糖値を上昇させ、基礎代謝をUPしてくれます。
また、甘酒に含まれている豊富な栄養素は食事量を減らしても必要な栄養分を摂取することができます。
そのため、食前や朝食に置き換えることで満腹感があり、ダイエット効果があるとも言われています。

4-2,昼

ブドウ糖とビタミンB1の効果で脳が活発になり、集中力がUPするので、仕事や勉強の前に飲むといいですね。

4-3,夜

美白肌に効果的なビタミンB群やビオチンが豊富に含まれ、肌荒れやくすみ、目の下のクマなどに効果的とされています。
そのほかにも、抗酸化作用によって細胞の新陳代謝をあげ、お肌のアンチエイジングにも繋がります。
また、GABAというイライラを抑えてくれる成分も入っているので、ストレスの緩和にも繋がり、安眠効果があります。

 

5,飲む時の温度

 

市販のものは安全性の考慮により加熱処理済みのため、酵素が含まれていないそうですが、手作りの甘酒を飲む際には60℃ぐらいが適温とされています。
酵素が活発になるのが60℃のようなので、一度温めてから飲むとより効果が得られて良さそうです。
1番良いのは手作りです。
作りたての甘酒には、活発になっている酵素が含まれているので身体に良いんです。
スーパーやコンビニで売っている甘酒を買って手軽に取り入れるのもいいですが米麹はスーパーやネットでも購入可能なので、時間がある時に作ってみるのもいかがですか?

 

まとめ

 

・甘酒には「米麹で作る甘酒」と「酒粕で作る甘酒」の2種類がある
・ダイエットに向いているのは砂糖を使わずに作る米麹の酒粕。
・甘酒にはたくさんの栄養素が含まれているため、「飲む点滴」と呼ばれている。
・疲労回復、便秘解消、美白肌に効果的と言われている。
・1回に飲む量はコップ1杯(50〜120ml)、1日200ml以内が適量。
・朝、昼、夜それぞれ飲むタイミングによって効果が少しずつ変わってくる。
・飲む時の温度は60℃ぐらいが適温とされている。

甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど、さまざまな種類の栄養が豊富に含まれているため、疲労回復や美白肌など男女問わず効果的だと思います。
ゆっくり自分の身体と向き合い、朝昼夜とそれぞれの効果に合わせて、正しい飲み方を覚えて甘酒を効果的に飲みましょう。
現代では手軽にいつでも甘酒を買うことが出来ます。
ストレス社会の中で生活していたり、リモートワークになり運動不足やマスク生活で肌が荒れてしまった人など、現代社会にピッタリな甘酒を今日から始めてみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました