アダムスキー式腸活法の効果!習慣化にする事で体の不調がなくなる!?

生活

アダムスキー式腸活法は腸の詰まりを無くし、食べ合わせに気を付けて消化に時間がかからないようにする腸活法です。

腸が詰まっていると、便秘、肥満、肌荒れ、不眠などの不調が起こります。

アダムスキー式腸活法では「何を食べるのか」ではなく「何と組み合わせて食べるのか」が大切で、腸を元気にし、不調を改善する効果が期待できますよ。

消化の早い食品は「ファスト」、消化の遅い食品は「スロー」、どちらでもない食品は「ニュートラル」の3つに分けられています。

しかし、あまり神経質になると反対にストレスの元となり効果が期待できません。

アダムスキー式腸活法は習慣化することで、ダイエット効果などもありますよ!

アダムスキー式腸活法を詳しく解説していきます!

あなたも食品の組み合わせで最高の腸を手に入れましょう!

 

 

アダムスキー式腸活法でさまざまな効果がある⁉

アダムスキー式腸活法では、腸内の腐敗や詰まりをなくすことでいい効果が期待できます。

腸の流れが滞ると体のバランスが崩れてしまい、さまざまな不調へとつながっていきます。

間違った食生活で消化管の壁に有害な汚れが溜まっていくことが原因です。

また、毎日お通じがあるから大丈夫!というわけでもありません。

アダムスキー式腸活法で消化管にこびりついた汚れを落として健康な腸にしましょう!

 

うれしい効果がたくさん!

アダムスキー式腸活法で小腸や大腸を元気にすれば体にうれしい効果があります!

  • 便秘・下痢予防
  • 肥満防止
  • 頭痛・腰痛改善
  • 美肌効果
  • 睡眠改善

すべての不調は腸からと言われますが、これだけの事が改善・予防できます!

食べ合わせをスロー食品とファスト食品で分けて、消化をスムーズに行えば、体の不調が改善されますし、栄養の吸収もよくなります!

 

食品は3つに分類している!

スロー食品 8~10時間で消化
野菜全般、穀物(パン、ご飯、麺類)、海藻、ナッツ類肉、魚、チーズ、卵など
ファスト食品 30分~2時間で消化
果物全般(アボカドを除く)、ヨーグルト、はちみつ、緑茶、トマト、パプリカなど
ニュートラル食品 どちらでもない
油、お酢、ニンニク、玉ねぎ、ナス、ワイン、ビール、牛乳、砂糖、ビターチョコレートなど

ニュートラル食品は、スロー食品、ファスト食品のどちらと組み合わせてもOKです。

スロー食品同士、ファスト食品同士の組み合わせもOKですが、スロー食品とファスト食品の組み合わせは避けましょう。

一緒に摂取してしまうと消化に通常の3倍以上の時間がかかってしまいます。

それからおなかの中で混ざってしまっては意味がないので、ファストの次の食事がスローであれば1時間半以上は間をあけるといいですね。

 

最強食材!スーパーフード

さまざまな食品の中でもとても腸にいい食材があります。

大豆
食物繊維、ミネラルなどの栄養が豊富です。
コレステロールフリーなうえに低脂質で高タンパクは私たちの体に必要な三大栄養素になります。
米ぬか
ぬか床にも使われている米ぬかですが、食物繊維が豊富で、食用でも販売されています。
キャベツ
食物繊維が含まれていて、野菜の中でも抗がん作用が優れています。

ブロッコリー
食物繊維がレタスの4倍も含まれています。
ビタミンCも豊富で美肌効果が期待できますよ。

トマト
アダムスキー式腸活法といえばトマトです!
がん予防や血流の改善に期待できます!
果物
腸の汚れを減らす洗浄剤になります。
詰まりをなくしていけば、睡眠の質が良くなりますので自律神経が整いますよ。
ビターチョコレート
食物繊維が含まれており、ポリフェノールが豊富です。
循環器系の病気を予防してくれます。
緑茶
強烈ながん予防になるカテキンが含まれています。
8~10分浸した後に摂取するとカテキンがより摂れますよ。

スーパーフードだからと言ってこればかりではなくどの食材と組み合わせるのかが大事です。

 

果物が腸の汚れをとる⁉

果物の中でも柑橘系は体の中の「パイプ洗浄効果」があります。

みかんやレモンなどは腸のお掃除をするのに最も適しているそうです。

またビタミンCも豊富ですので普段から食べるようにしましょう。

ベリー類はダイエット中でしたり血糖値に気を付けている方におすすめです。

体内で糖にかわる時、血糖値が上昇するスピードが緩やかな食材「GI値の低い果物」なので安心して食べられますね。

1日1回はフルーツを食べるやり方で腸を洗浄していきましょう!

そうすることで断食や糖質制限をしなくても、体重をコントロールできダイエットにも効果的です。

朝食にフルーツを食べられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スローの食事のあとでしたら4~5時間あけたあとにフルーツを食べるようにするなど食事のタイムスケジュールを決めておくといいですね!

習慣化もできますし、ストレスにならずに続けられますよ!

 

 

アダムスキー式腸活法のやり方!組み合わせが大事!

アダムスキー式腸活法のやり方は消化の速さによって食品を分け、同時に食べないようにします。

アダムスキー式腸活法の7つの基本的なやり方

  • 集中し、よく味わう食事を心がけましょう
  • 理想的な腸の流れ(消化から排出まで)を知りましょう
  • 腸に必要なすき間を作りましょう(4時間はあけるようにする)
  • 果物、非加熱オイルをとりましょう
  • 食事の時はしっかり味を味わうために携帯などは手放す
  • 水を飲むときは軟水を飲みましょう
  • 食べ物の組み合わせを覚えてコーディネートしていきましょう

アダムスキー式腸活法で理想の腸になるためのやり方です!

 

意外と食べている腸によくない組み合わせ

  • 唐揚げ×レモン
  • 生ハム×メロン
  • トマト×麺類
  • パンとジャム

どれもおいしい組み合わせですが、アダムスキー式腸活法ではあまりよくないやり方です。

消化時間が違うので腸に負担を与えてしまします。

唐揚げにはポン酢(ゆずは入れない)がいいですし、生ハムならお野菜と食べるのがベストです。

パンにフルーツジャムも避けましょう。

パンを食べるときはピーナッツバター、クリームチーズ、ミルクジャムがいいですね。

フルーツジャムはヨーグルトと食べるようにしましょう。

果物がのっているケーキよりチョコレート味やナッツ味の方が「スロー食品」で合わせられます。

いちごタルト大好きですけど、アダムスキー式腸活法ではNGな組み合わせだったようです。

 

和食の中心!お味噌汁

海外でも知られているアダムスキー式腸活法では意外なことにお味噌汁がおすすめされています。

お味噌汁は「スロー食品」になります。

ほとんどの野菜がスロー食品かニュートラル食品なのでお味噌汁にいれても大丈夫です。

トマトやかぼちゃは「ファスト食品」になりますので避けましょう。

だしの昆布、かつお節、煮干しもスロー食品です。

具材でよく入れる、豆腐、油揚げ、あさりなどの魚介もスロー食品ですのでお味噌汁に入れても大丈夫ですね♪

またお味噌は発酵食品ですので、腸内の善玉菌をふやしてくます。

加熱しすぎると細菌フローラや酵素が死滅してしまいますのでお味噌を入れるときは火を止めて入れるようにしましょう。

旬のお野菜をふんだんに入れるともっとお腹にいいです。

しかし腸にはよくないお味噌汁の食べ方があります。

私はとうがらしを割と何でもいれますが、お味噌汁には違ったようです。

とうがらしは「ファスト食品」になりますので辛みが欲しいときはショウガがいいですね!食物繊維も一緒に摂取できます。

それからかぼちゃはファスト食品になりますのでお味噌汁に入れるのは避けましょう。

ご飯に梅干しをのせてお味噌汁と頂くのもスロー食品とファスト食品を同時に食べてしまいますのでNGですね。

そういう時は海苔や納豆にしてみてはいかがでしょうか。

 

和食が腸にいい⁉

アダムスキー式腸活法では食材の組み合わせを工夫するやり方が大事になってきます。

和食を食べることによって自然とアダムスキー式腸活法ができますよ!

お刺身
お醤油、ワサビ(スロー食品)
筑前煮
鶏肉、お野菜など(スロー食品とニュートラル食品)
酢の物
お酢、野菜、わかめ、タコ(スロー食品とニュートラル食品)
和風パスタ
ツナと大根おろし(スロー食品)

他にもたくさんありますが、お寿司や天ぷらもそうですね♪

一回の食事は「スロー」か「ファスト」でまとめて食べるのがベストですので、献立をご紹介します!

 

 

アダムスキー式腸活法で健康な腸になれる献立!

献立を考えるのが大変そうに思いますが、スローとファストの分類を覚えればストレスなくアダムスキー式腸活法を実施していけますね!

どんなにいいお食事も消化管での滞在時間が長くなると腐敗を引き起こし腸が汚れてしまいます。

スロー食品とファスト食品を同時に食べないようにしましょう!

 

スロー食品の献立

納豆ご飯と旬のお野菜の味噌汁
旬のお野菜はその季節で体に必要な栄養素などが入っています、季節の変わり目の不調なども和らげてくれますよ。
焼き魚と大根おろし
焼き魚にはすだちよりも大根おろしでいただきましょう!食物繊維も豊富ですので腸にとってもいいです♪
生野菜とオリープオイル
ドレッシングはオリーブオイルに塩コショウとお酢で手作りが安心です。
玉ねぎのみじん切りも加えると「やせ菌」が増殖してダイエットにも効果的な献立です。
唐揚げ
ニンニクを入れることで風邪などの細菌を殺す殺菌作用があります。
オムレツ
卵、牛乳、油、チーズ、塩のシンプルな組み合わせが理想的です。
トマトも添えたくなりますがアダムスキー式腸活法の献立では避けましょう。
冷やし中華
具材をスロー食品にすれば、野菜も摂取できます!
肉じゃが
肉じゃがはパーフェクトな組み合わせです!

ファスト食品の献立

カットフルーツ(アボカド以外)
中でもイチゴ、キウイ、バナナ、パイナップルは腸内の善玉菌を増やす効果があります。
ヨーグルトとはちみつ
フルーツジャムでもいいですが、はちみつは善玉菌が食べるオリゴ糖が含まれています。
ヨーグルトの乳酸菌とオリゴ糖で腸内環境が整いますよ!
トマトスープ
ニンニクと玉ねぎとトマトをオリーブオイルで炒めて、水で煮るシンプルなものです。
トマトは火を通したほうが体内での吸収が良くなり、体の中から温まりますよ!
かぼちゃのポタージュ
豆乳で作るよりもニュートラル食品の牛乳で作りましょう!

コンビニで手軽に♪

  • フルーツヨーグルト
  • おにぎり(梅以外)
  • 冷やし中華(トマトが入っていたら一緒には食べない)
  • お弁当(果物やカボチャが入っていたら一緒には食べない)

アダムスキー式腸活法で梅は果物に分類すると言われていますので、おにぎりの具やご飯との組み合わせは避けましょう。

またお野菜の中でトマトとカボチャはファスト食品ですのでしばらく時間を空けるなどしてから食べるようにしましょう。

 

 

まとめ

  • アダムスキー式腸活法は腸を詰まらせない、消化に時間がかからないようにする
  • 何を食べるのかではなく何と食べるのかが大事!
  • 食品には消化の遅いスロー、早いファスト、どちらでもないニュートラルがある
  • おなかの中で混ざらないようにスロー食品の次は4~5時間以上あけるようにする
  • 果物の中でも柑橘類は特に腸のお掃除をしてくれる
  • 果物は1日に1回は必ず食べるようにしましょう!
  • お味噌汁に「辛み」はしょうがなどで代用しましょう!
  • 和食は食材の組み合わせに気を付ければ腸にすごくいい効果があります
  • コンビニの食べ物でもアダムスキー式腸活法ができる!

アダムスキー式腸活法で美肌効果や肥満防止などのうれしい効果が期待できます!

アダムスキー式腸活法は海外で数年前から伝わっているようですが、日本人には効果がみられないのでは?と疑問でした。

しかし、お味噌汁は「Miso」と記載されるくらいアダムスキー式腸活法で紹介されていて、腸にとても良いものなのだと知りました。

スロー食品とファスト食品を覚えて実施してみたいと思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました